高円寺をダフトにブロードキャストする、サロン・ド・高円寺のブログ版です。
by salondk
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
▼純情商店街のメロンパンの香りは犯罪である。
それにしても、ココンチのメロンパンは格別なのだ。

近所のショップの店長さんが言ってた。
「うーん・・・あの匂いがしてちゃ、やっぱし女性は
我慢できないでしょう・・・」

b0062928_024796.jpg


ふ・・・なるほど。そういうものなのか。
では、明日からメロン臭のするコロンを体に浴びなきゃ。

8月にオープンしてからというもの、すっかり純情商店街の
名物パン屋さんになりつつあると思う。チェーン店だが、そんなことは
どうでもいい。いっつも女子、婦女子が店頭でパンが焼きあがるのを待ってる。

店内はちょっとしたカフェ形式になっている。
中を覗いてみた。

意表を突いて、齢60くらいのオッサンふたりが、
高校生の大バカ二人組よろしく、楽しそうにバカ話しながら、
メロンパンでお茶してた。
きっと学食で買ったザラメ付きのガチガチのメロンパンが、オシャレなメロンパンに
変わっただけ。このオッサン二人は16歳から44年間(あくまで推定)
ずっとメロンパンを食べながら、こうして野郎どうしでバカ話しているのだ
(これは断定できる)。

うむ。正しく高円寺だ。

富良野メロンパンは、歴史的に旨いと思います。
あのバター臭は、犯罪です。
今日は売り切れでした。

b0062928_031575.jpg


Brownie (ほぼ)メロンパン専門店(!)
純情商店街を駅から歩いて右側。
てゆーか、歩いてるとイイ匂いがするからすぐわかる。
メロンパンの写真は割愛。ウチなんかが撮影してもあのシズル感が出ないだろう。
実際に店頭で確かめようじゃないか。
[PR]
by salondk | 2005-11-19 00:06 | 高円寺速報
<< ▼北中通り商店街のフリーマーケ... ▼杉並消防署発行の「火の用心ス... >>