高円寺をダフトにブロードキャストする、サロン・ド・高円寺のブログ版です。
by salondk
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
▼北中通り商店街のフリーマーケット祭り
「中通り商店街」と「北中通り商店街」は違う。

北口、中通りのさらに向こうの北中通り商店街。
混乱しがちだが、美容院のDIVINEや、串焼きDIZZがある
あたりからは、「中通り商店街」ではなく、「北中通り商店街」なのである。
「PAL商店街」が途中から「ルック商店街」になるように、それは
とても大事なことなのだ。

その「北中通り商店街」で、20日(日曜日)、フリーマーケット祭りが
開催された。

フリーマーケットに炊き出し風の大鍋。野菜の無料配付・・・
遠くからみていると、まさにそれは、西岸良平(三丁目の夕日)の世界。
ラーメン博物館のようなあの強烈なデジャブ感を感じる夕日の光景のようだった。

そして、なにしろ、やはり「高円寺って正しいな」と思えたのが、
ちょっとした空地を利用した「ライブ会場」なんである。
古い建物の間で弾き語りをしている。それをみんな・・・ガキも父ちゃん母ちゃんも、
学生もフリーターも社長さんも近所の外人も、みんなが商店街の地べたに座って観ている。
(かなりデカい音でP.Aもちゃんと入ってたから、引き蘢りがちな近所のニートなんかも部屋から聴いていたハズだ)

b0062928_22271967.jpg


そんな光景がみられる街は、東京じゃ少ない。

よく「高円寺って濃いよね」「高円寺ってマニアックだよね」と
眉をひそめて言う人がいる。
もしかしたら、他の街が薄いとも言えるんじゃないだろうか。
モノゴト、仕事に対してマニアックじゃない人生なんてつまらないんじゃ
ないだろうか。

「もう、この先は何にもないよね・・・戻ろうか」

週末になると、ショーボートあたりを歩いているカップルがよくこんな会話をしている。
ああ、なんてもったいないんだ。高円寺に来て、北中通り商店街を歩かないなんて。
高円寺に遊びに来たら、すべての商店街を歩いてみていただきたい。
商店街が、各々、ディズニーランドのファンタジーランドやウエスタンランドのような
もので、どれも見逃したらもったいないのだ。
高南通りのカフェマーブルでお茶して、北中通りの定食屋で夕飯を食べる。
そんなバランス感を楽しむ街なのだから。広く使うと、この街は無限のおもしろさを
提供してくれる。
(演説:サロン・ド・高円寺編集部・426)
[PR]
by salondk | 2005-11-21 22:31 | 高円寺速報
<< ▼純情商店街に移転したLOGOZ ▼純情商店街のメロンパンの香り... >>